【2020年4月】格安SIMの通信速度を比較してみた!通信速度別のおすすめランキング8選

「格安SIMの速度ってなんか遅そう」「速度が速い格安SIMってどれ?」など、格安SIMを契約するときに、その速度が気になる方も多いでしょう。

今回は実際の格安SIM8社の通信速度を測って比較し、その結果を紹介していきますよ。

目次

格安SIMってやっぱり通信速度が落ちるの?

まず気になるのが、格安SIMに変更すると通信速度は遅くなるのでしょうか?

結論から言うと、大手通信キャリアから格安SIMに変えると通信速度は落ちる可能性が高いでしょう。実際にネット上の声を見てみると「格安SIMは速度が遅い」という声が多く出ています。

なぜ格安SIMだと通信速度が遅くなりやすいの?

格安SIMに変えるとなぜこのように「通信速度が遅い」という不満が出やすいのでしょうか?

結論から言うと、格安SIMの各社がドコモなどの大手携帯キャリアから通信帯域の一部を借りているためです。

通信帯域はよく「高速道路」に例えられるのですが、大手通信キャリアは何車線も使っており、その一部の車線のみ格安SIM業社に貸している形になります。

そのため格安SIM各社は通信速度は大手通信キャリアには劣りるのですが、設備を持たないため、設備投資や人件費などを削減でき、その分通信費を安くすることができるのです。

ただ、格安SIMの会社によっては、借りている帯域の容量などが変わるため、料金や通信速度なども格安SIMによっても変わってきます。

通信速度が遅くなる時間帯は?

では、格安SIMを使う際に通信速度が遅くなる時間帯はいつなのでしょうか?

これは、格安SIMに限らず、「みんながスマホを使いたい時間」と言えるでしょう。例えば、以下のような時間帯は回線が混み合い、通信環境が遅いと言えるでしょう。

  • 通学や通勤でスマホを使う7〜8時台
  • 昼休みでスマホを使う12〜13時台
  • 帰宅中にスマホを使う18〜19時台
  • 寝る前にスマホを使う23〜24時台

大手通信キャリアの場合はあまり悩むことはないかもしれませんが、格安SIMの場合はこういった悩みが多くなるでしょう。

通信速度が速い格安SIMはこうやって選ぶのがおすすめ

ここからは実際の通信速度の比較を格安SIM会社ごとに行っていきましょう。

今回は格安SIMのリアルタイム通信速度比較ができる「SIMW」というサイトを使って8社の格安SIM業者をみていきたいと思います。

【SIMW】格安SIMリアルタイム通信速度比較 https://xera.jp/simw/

SIMW(シムゥ)は格安SIMの実際の通信速度をリアルタイムに可視化し、各ブランドや大手キャリアと比較できるツールです。

SIMWでは、東京都新宿区のある場所で格安SIM業者ごとに定点観測しています。

iPhone 6sに各SIMカードを挿し、Safariブラウザ上で10~15分間隔でスピードテストを自動で行っており、ユーザーの実環境に近い通信速度データを目指しているとのこと。

通信速度の目安は?どれくらいが快適?

おすすめの格安SIMを紹介する前に、快適な通信速度の目安について紹介します。

LINEを使う場合

LINEなどのテキストベースのやりとりの場合の通信速度としては、下り128kbps~1Mbpsという数字が目安になります。(1Mbps=1,024kbpsになります)

このkbpsやMbpsは後ほど出てくるので覚えておいてください。

ちなみに「128kbps」という数字は「通信制限がかけられたとき」の速度になります。感覚的にもかなり遅い通信速度と言えるでしょう。

Webサイトを閲覧する場合

検索など通常のwebサイト閲覧の場合の通信速度目安としては、下り1Mbps~10Mbpsが目安になります。Instagramなどの画像や動画が多いサイトだと3Mbps程度あると良いでしょう。ただテキストであれば、1Mbps程度でも問題なく閲覧できるかと思います。

動画を視聴する場合

Youtubeなどの動画を閲覧する場合の通信速度目安としては、下り5~20Mbpsが目安になります

通信速度の「上り」と「下り」って?

もう1つわかりづらい用語として通信速度の「上り」と「下り」という表現があります。

通信速度の「上り」とは

通信速度の「上り」とは、LINEの送信やスマホからデータを送るときの通信のことです。例えば、LINEやInstagramに写真をアップする速度と言えばわかりやすいかもしれません。

通信速度の「下り」とは

通信速度の「上り」とは、LINEの受信やweb上の情報を自分のスマホへ受信させる通信のことです。通常の検索に夜Webサイトの閲覧やyoutubeの閲覧がわかりやすい例でしょう。

一般的に通信速度は「下り」の数値のことなので、通信速度を比較するの際には「下り」の速度を参考にすれば問題ありません。

実際に測定した格安SIMの速度比較ランキングTOP8

ではここからは、実際の通信速度ランキングをみていきましょう。

なお、今回は「2020年4月22日 18:00」の時間帯で格安SIM業者を比較していきます。

格安SIMの速度比較ランキング第8位:LINEモバイル

第8位は「LINEモバイル」になります。LINEモバイルの通信速度は「0.87Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメールはギリギリ、Instagramなどの通信になってくると通信速度が遅いと感じるような速度と言えるでしょう。

LINEモバイルの通信速度に関する口コミ

LINEモバイルの通信速度について、以下のような口コミがありました。

LINEモバイルの場合は、通信制限を受けずにSNSが使い放題などのプランもあるので、自分に合ったプランをしっかり選びたいですね。

格安SIMの速度比較ランキング第7位:BIGLOBEモバイル

第7位は「BIGLOBEモバイル」になります。BIGLOBEモバイルの通信速度は「1.46Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は普通にできますが、InstagramまたはYoutubeなどの画像や動画閲覧だと少し通信速度が遅いと感じるような速度でしょう。

BIGLOBEモバイルの通信速度に関する口コミ

BIGLOBEモバイルの通信速度について、以下のような口コミがありました。

順位は7位と低いですが、口コミをみると以外にもポジティブな口コミが多い印象です。地域によって異なると思いますが、数字以上に速度は出ているのかもしれませんね。

格安SIMの速度比較ランキング第6位:楽天モバイル

第6位は「楽天モバイル」になります。楽天モバイルの通信速度は「5.14Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は問題ありませんし、Youtubeなどの動画についても若干画質は劣るかもしれませんが問題なくみれる通信速度でしょう。

楽天モバイルの通信速度に関する口コミ

楽天モバイルの通信速度について、以下のような口コミがありました。

データ制限プランなどによっては通信速度が制限されるようですが、口コミをみる限りだとそこまで「遅くて使えない」という声はなさそうですね。

格安SIMの速度比較ランキング第5位:mineo(マイネオ)

第5位は「mineo(マイネオ)」になります。mineo(マイネオ)の通信速度は「6.06Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は問題ありませんし、Youtubeなどの動画についても若干画質は劣るかもしれませんが問題なくみれる通信速度でしょう。

mineo(マイネオ)の特徴としては、「時間帯によって通信速度のムラがない」ということでしょうか。どの時間帯でも一定の通信速度が出ている印象です。

mineo(マイネオ)の通信速度に関する口コミ

mineo(マイネオ)の通信速度について、以下のような口コミがありました。

格安SIMの速度比較ランキング第4位:Y!mobile(ワイモバイル)

第4位は「Y!mobile(ワイモバイル)」になります。Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度は「7.54Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は問題ありませんし、Youtubeなどの動画についても若干画質は劣るかもしれませんが問題なくみれる通信速度でしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴としては、「比較的どの時間帯も安定しているが夜は少し通信速度が落ちるかも」という点です。お昼の時間帯にも落ちる傾向があるため、混み合う時間帯は少し通信速度が落ちる可能性があるかもしれません。

Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度に関する口コミ

Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度について、以下のような口コミがありました。

格安SIMの速度比較ランキング第3位:IIJmio

第3位は「IIJmio」になります。IIJmioの通信速度は「8.42Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は問題ありませんし、Youtubeなどの動画についても若干画質は劣るかもしれませんが問題なくみれる通信速度でしょう。

IIJmioの特徴としては、「比較的どの時間帯も安定しているがお昼の時間帯で通信速度が落ちるかも」という点です。お昼の混んでいる時間帯にも落ちる可能性があるかもしれませんね。

IIJmioの通信速度に関する口コミ

IIJmioの通信速度について、以下のような口コミがありました。

格安SIMの速度比較ランキング第2位:UQ モバイル(UQ mobile)

第2位は「UQ モバイル(UQ mobile)」になります。UQ モバイル(UQ mobile)の通信速度は「12.63Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は問題ありませんし、Youtubeなどの動画についても問題なくみれる通信速度でしょう。

UQ モバイル(UQ mobile)の特徴としては、「どの時間帯も安定している」という点です。お昼過ぎに若干落ちる傾向がありますが、比較的どの時間帯も安定した通信速度と言えるでしょう。

UQ モバイル(UQ mobile)の通信速度に関する口コミ

UQ モバイル(UQ mobile)の通信速度について、以下のような口コミがありました。

格安SIMの速度比較ランキング第1位:OCN モバイル ONE

第1位は「OCN モバイル ONE」になります。OCN モバイル ONEの通信速度は「18.28Mbps」です。

この通信速度だとLINEやメール、検索によるwebサイト閲覧は問題ありませんし、Youtubeなどの動画についても問題なくみれる通信速度でしょう。

OCN モバイル ONEの特徴としては、「それなりに通信は安定しているものの、時間帯によって上下のバラツキがある」という点です。上下のバラツキがあり、今回の18時台の計測だと一番速い速度だったという結果ですね。

OCN モバイル ONEの通信速度に関する口コミ

OCN モバイル ONEの通信速度について、以下のような口コミがありました。

最後に

いかがだったでしょうか?自分がよく使う時間帯によっては通信速度が遅い格安SIMも合ったりするので、自分の使い方に合った格安SIMをぜひ選んでくださいね。